株式会社MK翻訳事務所公式ブログ
特許翻訳、多言語(英語、独語、中国語)、経営、事務所のニュース等を書いてます。

2012/11/04

無料で翻訳会社を設立することは可能か?―002

ソフトウエアはある程度無料で入手できることが分かった。しかしそれだけでは翻訳会社は設立(運営)できない。

事務所はどうする?パソコンはどうする?翻訳料金はどうする?それらは無料では不可能なはずだ。

無料では不可能だと思えるビジネスでも無料で運営可能な場合がある。

私が最近読んだ「なぜ、あの会社は儲かるのか?ビジネスモデル編(2012 山田英夫、日本経済新聞出版社)」という本に色々とヒントが書かれている。

この本で紹介されているのは無料のレンタカー会社である(利用者が無料でレンタカーを使える)。レンタカーはガソリン、保険代、整備代等が必要なので無料は実現不可能なはずだ。

このレンタカー会社のビジネスモデルは、こうだ。

ユーザーはA地点からB地点まで車で行く。B地点で車を乗り捨てる。これまでは、B地点からA地点までレンタカー会社側が運転して車を戻していた。これを、B地点からA地点まで車が必要なユーザーに車を無料で貸し出すことによってレンタカーの無料化を実現したわけである。

この本にはこれ以外にも様々なビジネスモデルが紹介されていたので会社経営にご興味がある方には是非一読をお勧めしたい。

では、翻訳会社を無料で設立するとうい問題に戻ろうと思う。

翻訳料の無料化は、翻訳成果物に翻訳会社の名前を入れていただくことにより実現できる。ホームページ、パンフレット、レポートなどを翻訳した場合、多少なりとも宣伝効果はあるだろうから翻訳料金を請求する代わりに翻訳会社の名前を記載していただく。ただし、最低ページビュー数とか最低印刷数等の設定は必要かもしれない。

PCやプリンター等はPC会社の新製品のモニター制度を利用する。一般公募はしていない場合が多いのでPC会社の関係者と密な関係を築く必要はあるだろう(PC雑誌等の懸賞に応募してPCを無料で入手するという手段もないわけではないが、これにはかなりの運が必要)。またはPC会社の資料を翻訳したら翻訳料金ではなくPCでその対価とするという手もないわけではない。しかしこれでは厳密には無料ではない・・・。バーターであるが。

後は事務所であるが、こんなアイデアはどうだろうか。

繁華街のテナントビルの1階に入居する。窓ガラスは大き目のテナントだ。ケーキ屋さんみたいに通行人から見えるように翻訳を実演する。すると通行人は興味を持って立ち止まるだろう。ビルの宣伝にもなるし、話題性もある。通行人に見えるように翻訳している翻訳会社って恐らく世界初ではないか(展示会等に翻訳を実演するブースを出展するというのは今までもあるだろうが)。世界初という文言が使えるなら(少なくとも業界初とかの文言も)プレスリリースを発行するとマスコミも興味を持つかもしれない。

これだけじゃ無料で事務所貸してくれないかな・・・。値引きぐらいはしてくれるかもしれないが。

0 件のコメント:

コメントを投稿