株式会社MK翻訳事務所公式ブログ
特許翻訳、多言語(英語、独語、中国語)、経営、事務所のニュース等を書いてます。

2013/09/27

危機、危機、危機

2006年の創業依頼、何度も危機が訪れた。

  1. 2008年頃(<=はっきり覚えてないのですが・・・。)のA社危機。
  2. 2009年のリーマンショック(リーマンショックは2008年ですが、弊社に影響が出たのは翌年あたりでした)の危機。
  3. 2010年頃のB社危機。
  4. 2012年の10~12月の円高(1ドル=80円)時の危機。

出願人であるメーカーさんの業績が悪化すれば当然翻訳会社も影響が出ます・・・。

当たり前の話ですが、翻訳会社は、どんなに優秀な翻訳者を揃えたところで、どれほどITに投資しようが、仕事がなくなれば売上がなくなるわけですから倒産しかないわけです。

記憶にあるだけで少なくとも4回の大きな危機が訪れました。小規模にはもっと頻繁に事件は発生しているのですが、性格的に悪いことはあまり覚えていないので小さな危機は全て忘れました(笑)。

そのときに倒産しててもおかしくなかったと今になって思います。

でもなんとか乗り切ってきた。

乗り切れた理由は、「仕事を選ばなかったこと」と「単に運が良かったこと」だと思います。

基本的に打診されたお仕事は全てお引き受けしたと思います。条件悪いお仕事も、お安いお仕事も。全てではないか・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿