株式会社MK翻訳事務所公式ブログ
特許翻訳、多言語(英語、独語、中国語)、経営、事務所のニュース等を書いてます。

2013/09/04

翻訳ソフトの無償提供が標準になる

翻訳ソフトには様々な種類があります。商品名ですのでここには記載しませんが、色々と市場に出回っています。

翻訳者さんはご自身が気に入ったソフトをお使いだと思います。しかし5年以内に翻訳ソフトの購入の必要はなくなります。ここに断言します!

5年以内に翻訳ソフトの購入の必要はなくなります!

なぜなら翻訳会社が無償で提供してくれるようになるからです。以前は大資本の翻訳会社しか社内開発者を雇えないので少数の大翻訳会社のみが翻訳ソフトを翻訳者に無償提供していました。しかし今は低価格で翻訳ソフトを開発してくれるベンダーが世界中に存在するため小規模の翻訳会社でも社内に開発者を雇うことなく翻訳ソフトを翻訳者に提供できるようになりました。

ですから翻訳者さん周辺ソフト、つまり、校正ソフト、用語一括ソフト、QAソフト等のみを揃えればよいことになります。

ちなみに弊社ではすでに翻訳ソフト(正式にはソフトではないかもしれませんが)を登録翻訳者に無償で使っていただいています。

これが5年後の標準です。

もう一度書きます。

5年以内に翻訳ソフトの購入の必要はなくなります!

0 件のコメント:

コメントを投稿