株式会社MK翻訳事務所公式ブログ
特許翻訳、多言語(英語、独語、中国語)、経営、事務所のニュース等を書いてます。

2013/10/07

「翻訳者1000日育成計画」を開始しました。

昨年度までは円高だったの海外での翻訳する方がお安かったので海外生産を主にしていました。海外拠点を立ち上げようかとは思いましたがそこまでは至りませんでした。

今年は円安なので海外で生産する必要もなくなりました。そこで国内で生産する方にシフトすることにしました。その結果、社内翻訳者も採用することにしました。社内翻訳者の採用は弊社にとって長年の課題でした。

弊社の採用基準は、知財検定3級以上、英検1級以上としました。3年ぐらいで独立できる能力を有していることも基準の1つです。

オリンピックが開催される2020年までは円安が続くと思いますので、社内翻訳者の育成に力をいれたいと思います。

独立支援を会社をあげて行います。翻訳のみならず法人または個人事業主として登記する等各種セミナーには参加する機会を与えますし、ネットワーク作り、翻訳作業の効率化、営業方法等も学べる機会を与えます。

これらの翻訳者が2014年9月からスタート予定のCentral Translation Unit (CTU)に勤務することになります。

たとえ特許事務所等で翻訳者としての経験があっても独立できるまでは3年(1000日)ぐらいは必要だと思っています。NYヤンキースの松井選手も「4番打者1000日計画」に基づいて長嶋監督が育てたそうです。あの松井選手も1000日必要だったわけですから1000日というのが長い期間だとは思いません。

1000日ってあっと言う間です。明細書100件翻訳することは不可能ですし。でも100件ぐらい翻訳してほしいけどな~。

2013年~2014年にかけて3名採用予定です。その後、続々と独立を果たすと思います。早ければ2016年には独立を果たす翻訳者が誕生するでしょう。

経歴としての基準は上に書いた通りですが、人物考査として、上品な方、腰の低い方を採用する予定です。

順不同で書いてしまいますが、電気・電子、化学、バイオ、医薬のうち少なくとも2分野の専門を持てるようになってから独立してもらう予定です。

0 件のコメント:

コメントを投稿