株式会社MK翻訳事務所公式ブログ
特許翻訳、多言語(英語、独語、中国語)、経営、事務所のニュース等を書いてます。

2014/01/07

エグゼクティブな1日

大阪市内で翻訳会社を経営しているアントレプレナーであり、創業オーナーでもあるマサです。本日は、翻訳会社の経営者がどのような1日を過ごしているかをある1日を例にしてご説明してみたいと思います。

朝は、びしっと8時過ぎに起きます。起こされなければ10時ぐらいまで寝ています。朝食ですが、簡単にパンで済まされる方も多いでしょうが、私のようなエグゼクティブにもなるとそういうわけにはいきません。日々激化するビジネスワールドで限りなき挑戦を挑む私としてはもうワンランク上の朝食を目指しています。つまり朝食というよりパワーブレックファーストに近いものを求めるわけです。ですので、朝にいただくのは、・・・やはりパンですね。楽だし。すぐ食べれるので・・・。ちなみに食パン半分というのが多いです。後ヨーグルトとスムージーが私のフェイバリットです。スクランブルエッグとベーコンも食べたいですが、コルステロール値が悪化するという理由から妻に禁止されています。

パワーブレックファーストの後は、部屋でネットをいじって面白い記事を探します。余裕があれば朝の情報番組を最後まで見ます。そうこしている間に9時を過ぎます。

事務所には10時前に愛用の電動自転車で到着します。やはりエグゼクティブである私には遅刻という概念すらありません。所謂重役出勤です。10時ごろから猛烈に仕事をします。あっと言う間に10時30分です。急いで10時40分に予約を入れたカイロプラクティックへ向かいます。15分ほどぼきぼきと骨をいじられて、地獄の苦しみを味わった頃には、11時過ぎです。事務所に大急ぎで戻ってメールをとりあえず2~3通既読にします。

11時半ごろに週6回通っているスポーツクラブに行きます。ここで英気を養います。1時間に渡って日頃の激務を忘れるかのごとくステップマシーンを漕ぎます。本日も平均時速16,6キロ。消費カロリー900キロ超え。まさに爽快とはこのことです。

その後、シャワーを浴び、風呂に入ります。運動後は熱い湯がベストです。そして風呂から上がって、一応、スマートフォンでメールをチェックします。ろくでもないDMは無視してビジネスメールだけをチェックします。1通もありませんでした。

そしてランチです。私クラスになるとやはり普通のランチではメンタル的にもフィジカル的にきついものがあります。所謂パワーランチ的なものを求めてしまいます。いつもランチは贔屓にさせていただいているうどん屋でかけそばとかやくごはんを注文します。400円です。ほぼ毎日通っていますが、ここの店員は私をいまだに一見さん扱いします。

やっぱりランチだね!
ランチを食べ終わって事務所に戻ると14時前です。ここからが本番です。ここまでをお読みになった方々は私がほとんど仕事らしい仕事をしていないことをお気づきになられたと思いますがいままでは単なるウォームナップです。肩慣らしです。マエケン体操みたいなものです。

猛然とフェースブックにくだらない書き込みを連投します(昔はtwitterでしたが、私も日々進化しています)。すこしでも「いいね!」をもらえるように笑いを散りばめます。す~と日々の出来事をおしゃれに書いて「いいね!」を40件ほどゲットできる人にジェラシーを感じます。私の場合、「いいね!」はアベレージで3件ほどです(いつも同じ方です)。ひょっとして書き込みをいじり過ぎかもしれません。いじるのもほどほどがいいのかもしれません。だいだいこれが終わると15時を少々過ぎています。書き終わるとぐったりします。


ビジネスマンとしても身だしなみも気を配ります。間違っても1000円札一枚で済むような散髪屋には行きません。2500円ほどかけます。私が贔屓にしている散髪屋さんは散髪の後マッサージをしてくれますが、なにか恨みでもあるかのごとくすさまじい力で私の両肩を揉み倒します。揉むというかむしろ握りしめます。あれだけ全力でも揉み倒す理由が分かりませんが、とにかくこれでもかという力で揉み倒します。とにかく痛いです。激痛が両肩から上半身全体に広がります。今すぐあのサービスは廃止すべきです。1000円追加で払うからやめてほしいです。もう1つの特徴はどうしても私の頭になにかを塗りたそうにします。私はもう散髪が終われば家に帰るのでなにも付けてくれなくても良いのですが、本当になにも付けなくても良いかどうかを2~3回確認します。しかも毎回。私はその度に「もう家に帰るのでいいです」と言います。二度とこんな散髪屋なんか利用するものかと思いますが、何度も通っています。

散髪が終わるころには待ちに待った終業時間の17時半です。

私はスタッフに「お疲れっす」と言って、事務所を後にします。そして家に帰って仕事します。それなら事務所で仕事した方がいいのではないかと多くの方がお思いになったと想像しますが、これが私のスタイルです。夕方から家で仕事をするために半日過ごしています。

ちなみに晩御飯は腹いっぱいになるまで食べます。そして11時には寝ます。11時以降起きているのは体に悪いと思います。

これが典型的な翻訳会社のトップの一日です(嘘)。どちらにせよ大変充実した1日を過ごしています。

翻訳は翻訳者が行います。営業は営業マンが行います。経理業務はオフィスマネージャーが行います。私は社長業(名刺交換とか)に精を出します。

事務所の制服(嘘)

この年末年始に、このブログを読んでくださっている方が3名判明しました。その方のためにも今後も精進してまいる所存です。本年末までにこの人数を20名程度には増やしたいと思います。

P.S. ここのところ連投が続いていますが、それは年末年始の休み中に書き溜めたからです。決して暇だからではありません。

HP (JP): http://www.mktranslationfirm.com/
HP (EN): http://mktrans.jimdo.com/
Cloud Translation Technologies: http://cloudtranslationtechnology.wordpress.com/
twitter: @mktrans_news

0 件のコメント:

コメントを投稿