株式会社MK翻訳事務所公式ブログ
特許翻訳、多言語(英語、独語、中国語)、経営、事務所のニュース等を書いてます。

2016/12/04

TEPからMPPへ

翻訳会社として提供するサービスは、「TEP」である。つまり、

T:Translation/翻訳
E:Edit/校正
P:Proofread/プルーフリード

少なくとも2名以上のオペレーターが1翻訳案件に関与する。翻訳会社の翻訳サービスの標準だと思う。

2017年以降は、「MPP」も標準になるだろう。つまり、

M:Machine Translation/機械翻訳
P:Post-edit/ポストエディット
P:Proofread/プルーフリード

時代は僕達が眠っている間も進んでいる(My Little Loverもそう歌っていた)。時代に遅れないようについて行きたい。

僕は機械翻訳には魅力を感じていた。ここ3年間、様々な機械翻訳のセミナーやコンファレンスに出席した。正直、仕事には使えないと感じていた。しかし最近の進歩を見る限り、サービスとして提供できるレベルに達しつつあるのではないだろうか。

我々も、翻訳者及び校正者に加えて、ポストエディターの所謂ジェネラリストの育成にも力を入れたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿