株式会社MK翻訳事務所公式ブログ
特許翻訳、多言語(英語、独語、中国語)、経営、事務所のニュース等を書いてます。

2017/02/20

キーボード型PC「キーボードPC II」買いました!

来月、東京に出張するため、出張用のPCを買いました。以前は、事務所のPCと略同程度の処理ができることを出張用PCの条件にしていました。しかし間違っていることに気づきました。事務所と同程度のスペックにしてしまうとカバンの中の荷物がものすごく重くなるのです。ですので出張用には、「最低限の仕事ができることを条件とする」に変更しました。

色々探してみましたが、これにしました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1041232.html

けっこうおしゃれな白い箱に入っています。

キーボード内にPCが内蔵されているモデルです。約560グラム。出張のときは、このPCに外付けのモニターを持っていきます。たとえこうしてもやはり重さは1キロを越えてしまいます・・・。

箱を開けたところ。

最低限の仕事ができれば良いのでPCのスペックも最低限です。例えば、CPUの処理速度が遅いとか、容量が小さいとかです。ただしデータはクラウドに保存するとか、処理はブラウザで行うとかすれば最低限のスペックでも仕事はできます。幸い画像や動画は仕事で扱わないので僕のような仕事だと出張時にホテルで最低限の仕事をするには十分でしょう。

PCは、小型化が進んでいます。それに対して、モニターの小型化はそれ程進んでいないような気がします・・・。薄膜化の技術は進んでいるのでそのうちモニターも薄型軽量化小型化は間違いないと思いますが、まだ商品化には時間がかかるのでしょう。

マウスを並べて大きさを比較してみます。

出張に使うホテルにもお願いしたいことがあります。ホテルは、「Home away from home」なんて言われますが、僕は、ホテルに家庭的なことを求めていません(ホテルがどれだけ頑張っても「家庭」を超えることは不可能ですよ!)。「Office away from office」を求めています。

ホテルに「仕事ができる環境」を整えてほしいです。そうしたら持って行くPCも減るでしょうしね。

こんな感じでセットアップしました。

気長に待ってみましょう。

P.S. このキーボードPCとUSB接続型のモバイルモニターとを接続させようと思いましたが、失敗に終わりました。そのモバイルモニター単独では画面表示ができないのです(<基本の基本とも言います)。メインモニターをHDMI等で接続して、モバイルモニターはあくまでのセカンドモニターとして使用する設定しか不可能みたいです(このPCだけでなく、一般的にモバイルモニターだけをメインモニターにはできません)。結局、このキーボードPCを出張に持っていくことは断念しました。タブレットPCを検討します。もしくは今まで使っていた出張用の14インチのノートPCをそのまま出張用として起用します。来月から税理士事務所からアウトソースに方が来るのでその方に使ってもらおうと思います。

- Blogged by Masa Kajiki, Founder CEO
Make patent translations more affordable through technology, collaboration, automation, and innovation.

0 件のコメント:

コメントを投稿