株式会社MK翻訳事務所公式ブログ
特許翻訳、多言語(英語、独語、中国語)、経営、事務所のニュース等を書いてます。

2017/03/22

意訳はどこまで許されるか?

意訳はどこまで許されるのかという議論がある。

角度で言うと、45度の範囲内なら許される。野球で言うと、左中間から右中間の範囲内である。

極端に三塁線ギリギリを引っ張ったり、ライト線沿いに流すと、本流から逸脱している。レフトに打球が飛ぶのは体が開きすぎた。ライトに飛ぶのは遅れたのだ。

そうなると意訳から離れて拡大解釈になる、と思う。

- Blogged by Masa Kajiki, Founder CEO
Make patent translations more affordable through technology, collaboration, automation, and innovation.

0 件のコメント:

コメントを投稿