株式会社MK翻訳事務所公式ブログ
特許翻訳、多言語(英語、独語、中国語)、経営、事務所のニュース等を書いてます。

2017/04/16

社会の常識というかマナーについて書きます。

最近、常識から判断しておかしいのではないかということが起こったので、ここに書いてみる。文句があるのではなく、昔、若かったときに先輩や上司から僕はこのようなことはしてはいけないと指導されたのに、ひょっとしたら時代が変わったのかもしれない。それに僕は若い頃、ホテル業界にいたので翻訳業界の常識には疎いのかもしれない。
  1. 勤務時間(9時~6時頃まで)以外及びランチ休憩時(12時~13時)にアポイントを入れてはならない(または連絡しない)。それが社会人の常識だと指導された。
  2. 基本的にお願いする相手に無償奉仕を依頼しないことが社会人の常識だと指導された。
  3. 交渉事は、相手の利益が6、依頼する側の利益が4の配分(少なくとも相手の利益が大きい)で提案するのが社会人であると指導された。
  4. 相手のお時間を取らせる場合(アンケートに答えて頂く場合など)、5分とかで終わるようにすること(5分以上かかるのであれば事前に了解を取る)が社会人の常識であると指導された。
業界によって常識は異なることは分かっているが、若い頃に指導されたことは業界特有の常識ではなく、社会全体に当てはまると指導されたものだ。ホテル業界はマナーとかうるさいので、僕はうるさいだけかもしれない。

どうなんでしょうね。

0 件のコメント:

コメントを投稿