株式会社MK翻訳事務所公式ブログ
特許翻訳、多言語(英語、独語、中国語)、経営、事務所のニュース等を書いてます。

2017/07/12

どちらが早いか?

ドイツ語の小さなお仕事の依頼があった。1日しか猶予がなかった。2パターンで翻訳することにした。1つ目のパターンは、ドイツ語から日本語へ直接翻訳した。他のパターンは、ドイツ語から英語に翻訳して、その英語を日本語に翻訳した。

どっちが早かったかと言うと勿論前者だ。当然だろう。陸上競技ではないので早いか遅いかの問題ではないのですが、納期にさえ間に合えば問題ないのではないかと思います。

こんなリレー翻訳もたまにやってます。

0 件のコメント:

コメントを投稿