株式会社MK翻訳事務所公式ブログ
特許翻訳、多言語(英語、独語、中国語)、経営、事務所のニュース等を書いてます。

2017/08/15

読んだ本:精神科医が教えるぐっすり眠れる12の法則 日本で一番わかりやすい睡眠マニュアル(著:樺沢紫苑氏 、出版:シオン出版局)

ぐっすり眠るためには、就寝前の2~3時間の過ごし方が大切である。

視覚に刺激を与えるような激しい(バイレンス)映画はだめ。ジャズとか静かな音楽がいいみたい。これなんて今までよく言われてきたことだけど改めて重要だと認識した。

寝るときは、真っ暗な方が良い。メラトニンが分泌されて、熟睡できるので。カーテンは開けて寝た方がよい。6時半頃に太陽の光が部屋の中に入ってきて、セロトニンが活性化されすっきり目覚めることができる。

僕は、昨夜、20:30に寝て、今朝は07:00に起きました。寝てる時間は長いようですが(寝すぎかもしれません)、どうもぐっすり眠れないので、この本を読んでぐっする眠れるようになればいいなと思っています。*僕は決して不眠症ではないと思います。

著者である樺沢紫苑氏の本は、本日ご紹介したもの以外にも数冊読んだことがあります(まだ読んでない本もあります)。非常に分かりやすく、内容も面白いです。

書名:精神科医が教えるぐっすり眠れる12の法則 日本で一番わかりやすい睡眠マニュアル
著者:樺沢紫苑
出版社: シオン出版局

0 件のコメント:

コメントを投稿