株式会社MK翻訳事務所公式ブログ
特許翻訳、多言語(英語、独語、中国語)、経営、事務所のニュース等を書いてます。

2017/12/30

マニュアルは厚い方がよい?薄い方が良い?

僕が大学院でホテルにおける良いサービスについて研究をしてたときのことです。修士課程で研究していましたので様々な論文を読んでみました。その結果、サービスが良いと言われているホテルには、マニュアルの分厚さという点で、2つのタイプに分けることができることが判明しました。

1つのタイプは、マニュアルが分厚いのです。マニュアルには様々なことが詳細に記してあります。どのような異常事態やクレームが発生しても対応できると言っても過言ではありませんでした。分厚いマニュアルは、バインダーに閉じられてまるで百科事典のように数冊用意されていました。このホテルは、噂通り最高のサービスが提供されていました。

もう1つのタイプのホテルは、マニュアルが薄いのです。マニュアルには基本的な事しか書かれていませんでした。まるで小冊子のようです。たった数ページのマニュアルの最後のページには、「問題が発生した場合は、クライアントのためにベストと思えるサービスを各自の判断で行って下さい。責任は、上司が取ります」と書かれていました。このホテルも最高のサービスが提供されていました。

翻訳会社の翻訳用マニュアルにも2つのタイプがあります。もうお分かりだと思いますが、1つは、詳細に説明されているマニュアルです。もう1つは、基本事項のみ説明されているマニュアルです。前者は、統一感は高いでしょう。基本的に誰が翻訳しても同じスタイルになるはずです。後者は、前者に比べると統一感は低いかもしれません。しかし翻訳の質の関しては、どちらが低くなるとは言えません。翻訳速度に関して言えば、後者の勝ちでしょう。前者の方が迷ったときに分厚いマニュアルを参照する必要があるため、速度が落ちます。後者は、翻訳者がベストだと各自で判断するのでスピードは落ちません。

皆さんの会社はどちらのタイプでしょうか?我々は、今までどちらかと言えば、前者のタイプ(マニュアルが詳細)でした。しかし2018年は、新しいことをしていきたいと考えています。基本事項だけを決めて、それ以外は各翻訳者が独自でベストな訳を決める方法に転換するつもりです。翻訳者に自由裁量権を与えて責任は上司が取るというスタイルに変更します。

2017/12/29

本日(12月29日)は、年内最後の営業日

本日(12月29日)は、2017年最後の営業日。最後に納品もちょっとやって今年が終わりました。本日28日から年末の休みになった会社さんが多かったみたいですね。事務所に来るときは人が少なかったです。事務所の大掃除は、15:30頃からしました。人数が増えたのでかなり本格的にできたと思います。

今年も色々あったなー、と感じながら17:30で今年が終わりました。今年のハイライトは、やはりスタッフが増えたことでしょうね。今までは人数が少なすぎてできなかったことができるようになりました(2018年も増員を考えています)。

2018年はどんな年になるかな。他人任せでは他人がデザインした年にしかなりませんので自分で絵は描いていこうと思っています。

今年も大変お世話になりました。2018年の1月9日(火)にまたお会いしましょう。いい年をお過ごし下さい!

では!

2017/12/28

言語処理学会第24回年次大会(2018年、岡山)で発表(予定)

2018年に岡山で開催される「言語処理学会第24回年次大会」にて、1つセッションを受け持つことになりました。

「機械翻訳と人間協働」がテーマです。それに沿って発表します。このテーマは、事務所でも非常に力を入れているテーマですのでお話したいことは沢山あります。あくまでも「協働」というところに意味があります。今は、機械翻訳との協働ですが、翻訳業界は、昔から機械(ツール)とは仲良く過ごして来ました。そのツールが機械翻訳に代わっただけです。

From Neural Machine Translation (NMT) to Adaptive Machine Translation (AMT) from LSP Perspective」みたいな内容で20分話します(予定)。

今気づきましたが、「from」が2回あるのでベタですね。だめだなこれは・・・。タイトルは、まだ正式な提出はしてないので修正できると思います。

9月に開催された機械翻訳サミットも同じですが、私以外は、機械翻訳を研究されているちゃんとした方がお話されます。

是非お越し下さい!

2017/12/27

2017/12/26

あ~突っ込みたい!

あ~突っ込みたい!と猛烈に思う記事を見つけたのだが、止めとこう。

弊社社内翻訳者が知財翻訳検定に合計3科目合格しました!

弊社社内翻訳者(永原)が前回の知財翻訳検定の1級試験に2科目(英日:電気電子、機械工学)合格しました。これで合計3科目合格(上の2科目に加えて化学)です。

全科目合格を目標に頑張ってほしいと思います。

*日本知的財産翻訳協会(NIPTA)さんに確認したところ、知財翻訳検定(英日)で3科目合格したのは史上初めてだそうです。

2017/12/25

3年以上仕事が続かない翻訳者の4大特徴

東洋経済ONLINE にて「入社3年以内に会社を辞める人」の4大特徴という面白い記事を読んだ。内容を読んでみると3年以上仕事が続かない翻訳者さんに共通することが書いてあった。


3年以内に会社を辞める人の4大特徴とは、以下の4つだそうです。
  1. 「先輩が何も教えてくれない。もっと教育体制が整っている会社に転職した方が自分は成長できると思う」
  2. 「友だちの会社は残業も少ないし、楽しそう。でも、自分の会社は残業も多いし、仕事にやりがいを感じられない」
  3. 「自分は今の仕事に合わないと思う。周りに迷惑を掛けないためにも早く辞めて転職します」
  4. 「企画やマーケティングの仕事がやれると聞いていたのに、できそうにないので辞めたい」
上の4つは、3年以上登録が続かない翻訳者の4大特徴に対応されます。
  1. 「翻訳会社がフィードバックをしてくれない。もっとフィードバックをしてくれる教育体制の整った翻訳会社に登録した方が成長できると思う」
  2. 「他の翻訳会社は、もっと楽な仕事がもらえる。この翻訳会社は要求も多いしマニュアルも大量だし、やりがいを感じない」
  3. 「この翻訳会社の仕事は合わない。クライアントに迷惑を掛けないためにも早く辞めて他の翻訳会社に登録したい」
  4. 「自分が登録した分野を依頼してくれると聞いていた。それ以外も依頼されるので辞めたい」
記事を読むとこのようにも書いてあります。

「これらの理由を挙げる人にはある共通点があります。それは、「自分の考え方や行動」を変えずに、「環境」だけを変えようとしている点です。」

特に、プロであるフリーランサーの方には、基本的には、フィードバックは不要だと考えています。フィードバックがほしいのはプロではない証拠です。プロならもっと自信を持っていらっしゃいます。

この記事とても厳しい内容が書かれています。上に加えて更に色々と書かれています。読み応えがありました。もし翻訳者を辞めたいとお考えになっている方がいれば、まず一読してみて下さい。それからでも遅くないと思います。

2017/12/24

新年開始1月9日(火)は遅い?

我々は、2018年は、1月9日(火)からスタートします。ちょっと休みが長いかなーと思っていました。しかし9日スタートという同業者さんがいらっしゃったので一安心です。

1月5日(金)から開始にしてもいいけど、1日だけ来て、土曜日、日曜日、月曜日(祝日)休むのなら、いっそのこと火曜日始まりにした方がいいなかーと思いました。

2017/12/23

翻訳力がないのではない、ただ単に我流に頼っているだけだ。

翻訳者さんの中には、素晴らしいご経歴をお持ちの方がいらっしゃる(基本的に、特許翻訳をされている方の学歴とか職歴は素晴らしい)。でもどうしてもうまく訳文が生成できない場合があります。ご経歴と翻訳力は比例しないと思うかもしれません。しかし翻訳力がないというよりただ単に我流に頼っているだけの場合があります。我流より主流に合わせれば飛躍的に上手くなるものですよ。

2017/12/22

Happy Holidays!

最近、Merry Xmas! という代わりに、宗教色を減らして Happy Holidaysということが多くなったと思う。

でも日本の文房具屋さんで売っているカードには、全部「Merry Xmas! 」と書いてある。もっとニュートラルなカード売ってないかな。

機械翻訳に関する短い記事を書いています。

電話がかかってきて記事を書いて下さいと言われた。締切は、今月の28日だ!

まずiphone の音声入力機能を使って下書きした(僕は記事執筆の依頼を受けるといつもこうする)。その後、手作業で修正を加えた。最低800文字は書く必要がある。現在、約2300文字。もうちょっと減らさないと・・・。最低文字数は決められているが、最大文字数は決められていない。しかし常識的に言って、1000文字ぐらいにしないとね。

2017/12/21

【お知らせ】学習型機械翻訳(Adaptive Machine Translation)を導入します!

2018年から学習型機械翻訳(Adaptive Machine Translation)を導入することになりました。詳細は、右カラムの「PR_学習型機械翻訳導入のお知らせ」をご覧下さい。

2017/12/19

納品は早い方が良い?

ある同業者さんは、翻訳者の評価を数値化している。勿論高い品質は高い点がもらえる。興味深かった点がある。それは、納品の早さだ。納期に遅れればマイナス評価だ。これは当然だろう。しかし納期の時間より、例えば、6時間早かった場合、プラスXX点もらえるのだ!そりゃ早ければ早い方がいいだろうが、こういう評価もあるのかーと思ってしまった。

2017/12/17

2018年のサービスは2つ

2018年からは、我々のサービスは、おおきに分けて、2つになります。

人による翻訳(HTR)及び学習型機械翻訳(AMT)、並びに機械翻訳+ポストエディタ(MTPE)です。

MTPEですが、当初は、定価の半額を目指していましたが、到底ムリでした・・・。恐らく、定価の20%オフに落ち着くと思います。AMTは、定価の25~30%オフぐらいだと思います。

正式決定されればHP等で公表いたします。

2017/12/11

明日は、ランチ忘年会です!

明日は、お待ちかねのランチ忘年会です!今から絶食して備えようと思います(早朝、ジョギングもします)。

2017/12/09

2017年の翻訳祭は経営者向けのコンテンツもあったな

2017年の翻訳祭は経営者向けのコンテンツがありました。僕は「助成金」に関するセミナーに参加しました。講師は、社労士の先生でした。経営者向けのコンテンツは面白いですね。

2017/12/08

事務所のネット接続を一部有線に

どうも無線の接続状況が芳しくない。座席の位置によって状況が芳しくないところと、問題がないところがある。しょうがないのでネットは有線接続もできるようにケーブルを足した。これで安定はするようになったので一安心。

2017/12/03

2018年の翻訳祭は京都で開催されるらしい

2018年の翻訳祭(主催:日本翻訳連盟さん)は、京都で開催されるらしいですね(二次会は、先斗町で決まりだね!)。ここ数年、翻訳ツールのデベロパーさんの交流会とか、集まりとかが、翻訳祭の前日及び翌日に開催されてきた。来年は、どうするのだろうか?京都で開催されるのだろうか。電車で30分以内なら滋賀県もありかな?今後は、隔年で東京とそれ以外の都市での開催になるのだろうか?翻訳祭に合わせて関東のお客さん巡りをされている大阪の会社さんとか翻訳者さんはちょっと予定が狂いそうですね。