株式会社MK翻訳事務所公式ブログ
特許翻訳、多言語(英語、独語、中国語)、経営、事務所のニュース等を書いてます。

2017/12/25

3年以上仕事が続かない翻訳者の4大特徴

東洋経済ONLINE にて「入社3年以内に会社を辞める人」の4大特徴という面白い記事を読んだ。内容を読んでみると3年以上仕事が続かない翻訳者さんに共通することが書いてあった。


3年以内に会社を辞める人の4大特徴とは、以下の4つだそうです。
  1. 「先輩が何も教えてくれない。もっと教育体制が整っている会社に転職した方が自分は成長できると思う」
  2. 「友だちの会社は残業も少ないし、楽しそう。でも、自分の会社は残業も多いし、仕事にやりがいを感じられない」
  3. 「自分は今の仕事に合わないと思う。周りに迷惑を掛けないためにも早く辞めて転職します」
  4. 「企画やマーケティングの仕事がやれると聞いていたのに、できそうにないので辞めたい」
上の4つは、3年以上登録が続かない翻訳者の4大特徴に対応されます。
  1. 「翻訳会社がフィードバックをしてくれない。もっとフィードバックをしてくれる教育体制の整った翻訳会社に登録した方が成長できると思う」
  2. 「他の翻訳会社は、もっと楽な仕事がもらえる。この翻訳会社は要求も多いしマニュアルも大量だし、やりがいを感じない」
  3. 「この翻訳会社の仕事は合わない。クライアントに迷惑を掛けないためにも早く辞めて他の翻訳会社に登録したい」
  4. 「自分が登録した分野を依頼してくれると聞いていた。それ以外も依頼されるので辞めたい」
記事を読むとこのようにも書いてあります。

「これらの理由を挙げる人にはある共通点があります。それは、「自分の考え方や行動」を変えずに、「環境」だけを変えようとしている点です。」

特に、プロであるフリーランサーの方には、基本的には、フィードバックは不要だと考えています。フィードバックがほしいのはプロではない証拠です。プロならもっと自信を持っていらっしゃいます。

この記事とても厳しい内容が書かれています。上に加えて更に色々と書かれています。読み応えがありました。もし翻訳者を辞めたいとお考えになっている方がいれば、まず一読してみて下さい。それからでも遅くないと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿