株式会社MK翻訳事務所公式ブログ
特許翻訳、多言語(英語、独語、中国語)、経営、事務所のニュース等を書いてます。

2018/04/11

ビジネスホテル(東京出張編)

2ヶ月に1度の割合で東京で開催される勉強会に参加しています。今回は、あるビジネスホテルに宿泊しました。勉強会が開催される場所まで徒歩で5分です!東京の地理が分からなかったので、前回までは地下鉄に乗って20分ほどかかるホテルに宿泊していました。

ホテルには大浴場があります。1つしかないので、時間制で男性と女性とが交互に利用します。女性の利用時間中は、フロントでパスワードをもらわないと入れません。

部屋には、浴衣はありません。着たいゲストは廊下に置いてある浴衣をピックアップします。

部屋のキーは廃止されています。チェックイン時もらったパスワードをドアに設置されている入力装置から入力して入ります。

大きなテレビがありますが、出張時あまりテレビは見ません(なぜか?)

お値段は結構お安いです。


ホテルの朝食。フロントで購入しました。ヨーグルトを誤ってジュースのカップに入れてしまいました。コーヒーはカップに入れて持ち帰りました。

10時がチェックアウト時間です。前払いしているのでチェックアウトのためにフロントに立ち寄る必要はありません。ドアを閉めてそのまま出発。10時になれば自動的にチェックアウト処理です。

このホテルで有名なのは、客室に電話が設置されていないことです。宿泊してみましたが、別に電話機は必要ないですね。自分のスマートフォンもあるので、目覚ましは自分で設定できます。

機械化と人間のサービスがうまくミックスされたいたと思います。ホテルは人件費の割合が高くなりますのうまく削減している印象がありました。

6月にも東京を訪れますが、早速予約をしました。今回よりもお安く予約ができました(部屋タイプは異なるようです)。

*大浴場があって、客室に電話がないというこの2点だけでどのホテルか分かった方はホテルにかなりお詳しい方だと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿